マットレスの硬さ比較の大切さ

マットレスを比較するポイントの一つに、硬さがあります。

自分にあった硬さを選ぶことが大切ですが、硬さを選べる商品もあれば、選べない商品もあるので注意が必要なのですが、マットレスの硬さを現す単位にはニュートンが使われています。一般的に110ニュートン以上は硬め、75ニュートン以上110ニュートン未満が普通、75ニュートン未満が柔らかめとなります。したがって、75ニュートン以上110ニュートン未満の間であれば、大多数の方にとっては大きな問題はないと思われます。そして、体重の重たい方はやや硬めが良いでしょう。75ニュートン未満のものは、寝返りを打つことができない寝たきりの方向けです。もし、硬さを自由に選べるマットレスであれば、この数字を参考にしながら選ぶと安心です。

では、間違った硬さを選んでしまった場合どうなるのでしょうか。たとえば、柔らか過ぎるマットレスを選んでしまった場合、適切な硬さのものと比較すると、腰の部分が沈み込んでしまう可能性があります。沈み込みがあると、寝姿勢が不自然になってしまい、それが原因で寝苦しくなったり、寝返りが打ちにくくなったり、朝を起きたら身体が痛かったり、何となく疲れていたりということが起きてしまいます。また逆に硬すぎる場合は、腰が浮き上がってしまい、やはり腰痛の原因となってしまうことでしょう。そのようなことのないように、マットレスを選ぶ場合には、硬さをしっかり比較した上で選ぶことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *