低反発と高反発のマットレス比較

マットレス比較でよく話題になるのが、高反発と低反発の違いです。

いったいどちらが良いのでしょう。両者の特徴を正しく理解すれば、全く性格が異なることがわかります。つまり、どちらが良いのかと両者を単純に比較することができないということです。まず低反発マットレスですが、これは元々アメリカもNASAで考案された衝撃吸収素材です。手で押すとゆっくり沈み込んでいくのが特徴で、包み込まれるような寝心地が魅力です。低反発の最大のメリットは、体を圧迫しないことです。そのために寝返りの回数が減らすことができ、睡眠の質を安定させることができます。筋力が訪れ寝返りがうまくできなくなった高齢者には、床ずれ防止にも役立つために、医療施設や介護施設でも重宝されます。

ただし、寝返りを打とうと思うと反発力が弱いために逆に筋力を使い、一般の健康な人向きではありません。これに対して高反発マットレスは、反発力は強く跳ねるような感覚があります。低反発と比較すると、寝返りがしやすく寝心地はやや硬めです。しかし、体圧がうまく分散するように考えられているので、寝心地は良く、腰痛予防にも効果的です。ただ、品質にはかなりのばらつきがあるため、低反発あるいは高反発をうたい文句にしていたとしても、どの商品も同じ効果を期待できるわけではないようです。価格なりの品質と言えばそれまでですが、品質の割に少し高すぎるのではないかと思える商品もあるので、注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *