浄水器の価格による性能の違い

今や一般家庭でも使用されていることが珍しくない浄水器ですが色々な種類がたくさんのメーカーから発売されています。機能や価格もピンからキリまであり目移りしてしまうことでしょう。現在、市販されている浄水器で多いものはポット型と蛇口に取り付けるタイプのものです。どちらも簡単に購入、使用でき、価格もお手頃です。

ポット型のメリットは浄水器が取り付けられないような蛇口の物件の方や飲み水だけ使用したい方などに人気で安価なものからあり、手軽にはじめることができます。しかし、濾過に少々時間がかかるため料理などに使用したり大量に消費する方には不向きでもあります。蛇口設置型は始めに蛇口へと取り付けする作業が必要になりますが素人でも簡単に取り付けることができますし、何よりもレバー一つで浄水と水道水の切り替えができるため日常的にすぐ使用することができます。ただ、簡単に使用できることで使用量が増えてしまいフィルター交換が頻繁になってしまうこともあります。

両者とも価格は2000円前後から購入することができます。価格による違いは主にフィルターの性能による除去物質の数の違いなどが見られます。浄水器で除去できる代表的な物質は消毒に使われる塩素や濁り、トリハロメタンやトリクロロエチレンなどの発ガン性が懸念されている化学物質などです。簡易的なものや安価な価格のものは除去数が少ないこともあるので購入する前に事前に自分が除去したい項目を調べておいて適応しているかどうか確認しておくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です