浄水器を価格重視で選ぶ場合の重要な視点

日本国内で販売されている国内メーカーの浄水器を購入する場合には、認定のマークが表示されている機種であれば一定の基準を満たしているために安心して使用することができます。選ぶ場合には性能を比較検討していくことになりますが、価格の差が大きくなるポイントは浄水性能の根幹をなすフィルターの性能に依る部分大きいものです。安価な製品では活性炭や極細繊維のフィルターを採用しています。もちろんそれらのフィルターでも十分に満足できる性能を確保できているので、水道水の匂いや濁りが気になる場合に使用すると、美味しく安全な水を生成できます。

高級品の場合には、水を電気的に分解して不純物を取り除く装置が付加されていたり、逆浸透膜という水分子しか透過しない膜を採用したりと、極めて高い性能を有した浄水器が多く見られるようになります。数千円から1万円前後の価格で購入できる浄水器は、水を注いで使うポット式や蛇口に直接接続する方式が多く、高価格帯の製品はシステムキッチンに組み込んだ形状のアンダーシンク型や、据え置き型などが多く見られます。キッチンでの見た目を重視する場合や、持ち運びがしやすく冷蔵庫で冷やせること、手元で水道水と浄水とを切り替えできる使い勝手の良さなど、それぞれの方式にメリットがあります。低価格であることを重視する場合には、有名メーカーの蛇口直結型やポット式が適しています。

それらも含め、浄水器を初めて導入する場合には、事前に比較検討できるウェブサイトでしっかりとチェックしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です