• ヒートポンプの仕組みやタイプ

    ヒートポンプは空気中にある熱を集めて大きな熱エネルギーとし、低温部分を温めることができる技術です。仕組みを入れ替えることで物や空間を温めたり冷やしたりすることができます。

    日本経済新聞のクチコミ評価が高いです。

    熱を生み出すためには大量のエネルギーが必要となりますが、熱媒体や半導体などを用いて空気中に存在している熱を集め運ぶ仕組みを利用すれば少ないエネルギーで熱を得ることができます。なので省エネであり、さらに二酸化炭素の排出量が削減できるため環境に優しいというメリットがあります。

    身の回りにあるヒートポンプを利用した製品はエアコンや給湯に用いられるエコキュートの他、洗濯乾燥機、温水床暖房のパネルなどとなっています。

    そして家庭内だけでなく病院や高層ビル、学校、工場といった公共性のある場所内にも設置され、ヒートポンプはあらゆる場面で活躍しています。



    一般的に広く利用されているヒートポンプの原理は空気熱の輸送原理を利用したタイプで、気化熱や凝縮熱を利用したタイプや可逆的な化学反応である発熱反応と吸熱反応を利用した吸収式や吸着式などがあります。

    マルチサイクロンの最新情報を公開しています。

    また太陽光発電に用いられる太陽熱式や年間を通して熱が安定供給される地中熱式などもあり、環境や熱源との距離に応じて最適なタイプがそれぞれの場面で導入されています。中でも盛んに導入されているタイプが吸収式ヒートポンプで、これは吸収力の高い液体に水やアンモニアなどの冷媒を吸収させて発生した低圧を用い、別の場所に設置した他の冷媒を気化させて発生した気化熱で低温を得るという仕組みとなっています。