• スケール除去とはどんなものか

    どのようなものでもなにもしなければ汚れやホコリが溜まってしまい、付着したまま取れなくなってしまうこともあります。


    付着して取れなくなってしまうと汚いだけでなく、そのものの本来の性能を発揮できなくなったり故障の原因になってしまうこともあります。

    そのような付着物の一つにスケールというものがあり、水に含まれるマグネシウムやカルシウムなどの無機塩類化合物が使用している機械や設備に付着して取れなくなってしまいます。

    スケールは非常に硬くそして水に溶けにくいため、固着してしまうと簡単には取ることができないため処理が大変なものになります。


    また給水管や配水管の中で発生してしまうと、次々と付着していってしまい詰まりの原因になるだけでなく、機械などに接続しているとその機械の故障の原因になることもあります。

    スケールが発生したときに出る症状としては、水道の詰まりや蛇口に白い結晶が付着していること、ボイラーの効率の低下や給湯器の着火が悪くなったりすることが挙げられるため、これらの症状が出た場合には気をつけなければなりません。



    そのためスケールの発生がわかった場合には、すぐにスケール除去をして正常な状態に戻すことが必要になります。



    スケール除去をするには専用のスケール除去剤を使用して取り除くようにするか、スケール除去の装置を設置することで付着したものを除去するだけでなく再付着を防止する装置などもあり、目的によって使い分けるようにしましょう。