スケール問題を解決するダイナミックデスケーラー - アルカリ洗浄液の特性について
  • スケール問題を解決するダイナミックデスケーラー

    現在熱交換器やクーリングタワー、配管等で発生するトラブルの1つとしてスケール問題という物が挙げられます。

    しっかりとした熱回収使いやすさが好評です。

    これはその沈積形状が魚の鱗の様な形である事からスケールと呼ばれている非常に硬く溶け難い付着物によって発生してしまうトラブルの事で、このスケールにはアモルファスシリカを主体とするシリカスケールやカルシウムを主体とするカルシウム系スケールを始めとして様々な種類が存在する物となっています。


    これ等のスケールは上述した熱交換器やクーリングタワー、配管等といった温度降下を発生させる箇所において特に付着しやすい物となっており、最悪の場合には熱効率の低下や燃料ロス、事故といった事態を引き起こす原因となってしまうのです。
    この為にスケール問題は早急な予防が必要となっているトラブルとなっているのですが、その予防策として現在注目されている商品がスケール除去液のダイナミックデスケーラーになります。



    このダイナミックデスケーラーはマグネシウム系のスケール除去液となっているのですが、それまでのスケール除去液よりも進化した物となっていて処理時間が短い・銅やニッケルといった今まで対応が出来なかった物質への対応・皮膚に付着しても水洗いで対応可能という特徴を備えた物となっています。これ等の特徴からダイナミックデスケーラーはアメリカ及びイギリス海軍を始めとした世界の様々な場所で正式採用が多く行われている実績のあるスケール洗浄液となっており、現在最も強く期待がされている商品となっているのです。

    日本経済新聞に関する情報が幅広く集まります。